更年期障害なんかに負けない!

女性の更年期障害の原因

更年期障害の主な原因

 

女性は、個人差はあるものの、平均して、50代から60代の期間に閉経するケースが多いです。

 

閉経に向けて、毎月の生理が遅れてきたり、量が極端に減ったりしていきます。

 

このように、毎月の月経は、若い頃と比べてみても、勢いを失いっていき、やがては完全に閉経していくのです。

 

閉経すると、生理は全く起こらなくなります。

 

これが、更年期障害の原因となります。

 

勿論、閉経をしても、更年期障害に悩まされないで済むという方は、とてもたくさんいらっしゃいます。

 

そのため、比較的個人差の出やすい症例と言えるでしょう。

 

更年期障害は、閉経する事により、女性ホルモンが活発に働かなくなる事から引き起こされるものです。

 

更年期障害が引き起こされると、色々な不調に悩まされる事があります。

 

症例は複数あり、人によっては、かなり多くの症状が一気にやってくるという方もいれば、どれか一つに症状に悩まされる方、または、違う症状が時期をずらしてやってくるというケースもあり、先が読めない、予測できないというような特徴があります。

 

更年期障害の症例

 

閉経によって更年期障害を引き起こしてしまう女性の多くが、身体的、または精神的な症状を患う事になります。

 

更年期障害による症例は、決して体に表れる症状だけではなく、心理的な症状もたくさんあります。

 

例えば情緒不安定になってしまったり、鬱気味になってしまったり、毎日不眠に悩まされてしまうという方も、非常に多いです。

 

今までこのような精神的な問題を抱えた事のない方でも、更年期障害になると、落ち込みやすくなってしまったり、とても情緒不安定になってしまったりするのです。